ナショナル BX−290真空管ラジオの修理

ナショナルの超高級ラジオが修理にやってきました。

通電したら 受信できるので数時間聴取したら無音になったとのこと。
6D6 6WC5 6D6 6ZDH3A 42 80BK 6E5の構成です。

まずケミコンテスターで漏洩電流の試験をしました。
ケミコンの漏洩電流が凄く多いです、とても使えません。

次に42のグリッド電圧を測定してみました。
入力インピーダンスの高いデジタルテスターで測定してみました。
14.27Vです。

下側の図は6ZDH3Aのプレート電圧です。
184.9Vです。
ケミコンの漏洩電流が大きいので 良品なら300Vくらいあっても良い値ですが。
正常時の動作電圧は90Vくらいと思われるので、これから計算すると、

42に14.27Vの半分くらいの逆バイアスがかかっていたことになります。
これでは 出力管42に過大電流が流れ 持ちません。
整流管や出力管が過電流で壊れるか、電源トランスが焼けるか、出力トランスが断線するかのどちらかです。
結果的に出力トランスが断線していました。 なお本件に関してはもう一つ大きな副作用が残っていました、これは後刻報告。







出力トランスを調べて見ると見事断線です。

真空管はTV−10で確認すると、マジックアイを除いて使えそうでした。
(最後はこれで泣かされたがーーー 最後に報告)

ただ6D6の1本グリッドがぐらぐらなので、エポキシで接着した。

ナショナル BX−290回路図




ダイアルの糸がほつれてうまく動きません、ダイアルの糸かけを行います。



新品の6E5を組み込んで試験



試験中 不思議な現象に出くわした。
これまで1,000台以上のラジオを修理してきたが 初めての経験でした。
受信中 だんだん音が小さくなり10秒くらいで聞こえなくなったのです。
非常に驚きました。

原因は抵抗の断線でした。
断線した抵抗は数多く交換してきましたが、受信中に音が小さくなののには驚きました。
最初は何が起きたか想像すらできなかったのですが、6ZDH3Aのプレート電圧が出ないことにきがつきました。

抵抗を取り外してみると 裏側部分に変色が見つかりました。
どの位置かは このページ最初のシャーシ内画像をご覧ください。





出力トランスの交換

スピーカーを外さないとトランスは交換できません。
ところが1箇所だけ空回りして ネジが外れないのです。
スピーカーを外すのと組み立てるのに 合計3時間くらいかかってしまいました、いやはや。
なおこの位置には元のネジが使えないのでスピーカーのフレームに穴を開けて、木ネジで固定することにしました。



いろいろ工夫したのですが 駄目でした。
やむを得ず 前面からネじ(この場合マイナスネジが前面から差し込まれている。

前面パネルを外します、2枚組になっていて 全部でネジが30本も外さないと駄目でした。)




ここまで分解して 左側の布をめくり ネジの頭を出して、ねじ回しで固定後スピーカー側をナット回して取り外した。







修理後のシャーシ内部

平滑用ブリック型ケミコンは同じ規格のものが2本使われていました。
2本とも駄目ですが、1本のみ取り外し、その位置に450V 56μFのケミコンを組み込み、もう1本は配線を外したままにしました。
オリジナルは20 20 20 の組み合わせですが、今回は22 56 22としました。


zz


2017年7月26日







radiokobo-all

 


真空管ラジオ



inserted by FC2 system